古くから使われていたスクワラン

Pocket

スクワランは古くから美容品として親しまれていて、女性の間でも人気があります。

深海鮫の肝油で作られるものとオリーブから作られるものがありますが、どちらも保湿効果が高く、肌を色々なダメージから守ってくれます。
天然の成分で、人の肌の中にも存在しているため安全で、浸透しやすいことが大きな特徴です。

浸透力の高さは1秒間に2ミリメートル、1分で肌の毛細血管にいきわたるくらいのスピードといわれています。
浸透力の高さから、オイルにも関わらずべたついた感じが全く残らずに、すぐに乾いてしまったかのような感じを覚えると思います。
揮発してしまったのではないかと勘違いするほど、肌によくなじみます。

スクワランは肌にうるおいを与えるために使われますが、意外な効果の一つに傷にも効果があるといわれていることです。
皮膚の傷口にスクワランを塗ると、消毒効果を得ることができます。
これはスクワランに含まれているハイドロ基の働きによるもので、虫刺されにも効果的です。

スクワランはとにかく肌との相性がいいオイルなのです。

スクワランを知る

昔から使われていたスクワランについて効果や使用感などご案内いたします。

新着情報

Comments are closed.