ほくろが出来る原因とは

Pocket

ほくろには先天性のものと後天性のものがあります。
先天性のほくろは遺伝によるもので、防ぎようがありません。
生まれた時には見えなくても、思春期頃までに肌にあらわれます。

後天性のほくろの原因はいくつかあります。
中でも一番の原因といわれるのが紫外線です。
紫外線を浴びることで皮膚がメラニン色素を生成します。
そして大量に生成されたメラニン色素が集まってほくろになります。しかしこのメラニン色素の生成量には個人差があり、その差は大きいといわれています。

紫外線の他に、衣服と肌の摩擦や傷がほくろになる場合も肌への刺激によってほくろが生まれることがあります。肌への直接の刺激ではありませんが、ストレスやホルモンバランスの崩れによってもほくろが出来ることがわかっています。

先天性とは違い後天性のほくろは防ぐことが可能です。
紫外線ならばUVクリームを塗ったり肌の露出を抑えることで随分カットすることできますので意識して対策してみるとよいでしょう。

This entry was posted in ほくろの豆知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります